武蔵野の社内イベントINTERNAL EVENTS

創業社長感謝の日

2月24日は、株式会社武蔵野、創業者藤本寅雄の命日。
社員は所沢にある所沢聖地霊園に各部門毎に、前後の日にお墓参りに行く*

*「株式会社武蔵野、経営用語解説」より抜粋

「故藤本寅雄追悼文集、藤本寅雄を偲んで」より

故藤本社長に初めてお会いしたのは、私が10年前、豊玉センターで働き初めて2ヶ月たったころの、センターに見えたときでした。
その頃、社長はいつも「お金を稼ぎたかったらアルバイトで、勉強したかったら社員になりなさい」と言っていた記憶があります。
変なことを言う社長だと思っていました。
又、なかなかその意味がわかりませんでした。
そして約2年後、OCS事業を開始すると聞いたとき自分自身も、この会社で勉強させて頂きたいと思い、社長に面接を受けました。
その時より社長には、物心共にお世話になりましたが、何の恩返しも出来ぬままこの世を去ってしまいました。
今現在私があるのも、故藤本社長のおかげと感謝に絶えません。
OCSから、現在はダスキンの営業に所属し、多くの勉強をさせて頂きました。
今後は我社の発展にお役に立てる様に頑張る所在であります。
故藤本社長は、グループ全体で年商30億円ということを、いつも口にしておられました。
「どうしたら達成出来るか」病院で病気と闘いながら、グループ全体の事を考え続けられるのは、故藤本社長のみ出来うる業であり、病気のハンディを克服し、事業に、社員の育成にと、熱意を持って前進してきたことは、前社長しか出来ないのではないかと思われます。

一、東京都西部でお役に立てる会社
二、社員は家族、会社は家という思想のもとに家を支えられる家族に成長する。
以上は方針書に書いてある事項です。

以上の方針を実行することは、故藤本社長の意志を継ぎ、永遠に発展する日本サービスマーチャンダイザーグループを築きあげる事が、幹部としての私のお役立ちと思います。

斉藤健一

「故藤本寅雄追悼文集、藤本寅雄を偲んで」より抜粋

社内イベント一覧