award

表彰報奨制度

社員を大切にする、
社員を褒めて伸ばす
社員を大切にする、社員を褒めて伸ばす 社員を大切にする、社員を褒めて伸ばす

褒める教育というのが子育てでも人材育成でも主流になってきましたが、武蔵野では「社員の頑張りを認めて褒める」「目に見えるかたちで褒める」ことを昔から大切にしてきました。

人から認められることは、本人の意欲を高め、さらに頑張る力の源となります。また、人が褒められているのを見れば、自分も負けていられないと燃えてくるものです。互いに認め褒め合うことで、職場の雰囲気はどんどん良くなっていきます。
弊社の表彰報酬制度では、業務成績が優秀な社員を評価するだけでなく、日々の小さな「ありがとう」を多く集めた人・多く送った人に贈られる「サンクスカード賞」や、日頃から頑張っている人にスポットライトを当てる「縁の下の力持ち賞」などのユニークな賞も設けています。

制度

社員のやる気に火をつける、武蔵野の表彰報酬制度について紹介します。
新人からベテラン、パートやアルバイトまで、全従業員に表彰のチャンスがあります。

社長賞

毎年、役員会で決定する1名のみに与えられる賞。年間を通じ最も会社への貢献度の大きかった人に贈られます。貢献度は勤続年数や役職等にかかわらず、全員を公平に評価して決まるため、大変名誉ある賞です。受賞者は報酬アップします。

優秀社員賞

優秀社員の選定は、次の基準で決まります。
①各部門から優秀社員をノミネート
②その中から得票数の多い順に数名決定。
投票は「お客様からのお礼状は1票+部長職以上1人2票」で行います。
社内の評価だけでなく、お客様の評価も加わるのがポイントです。

成績優秀者

半期に一度、部門ごとに成績優秀者が表彰されます。

成績優秀者
新人賞

その年に入社した新人の中から、特に頑張って成長した数名に贈られる賞。入社1年目しか獲ることができない、“一生に一度”の賞です。新人はみんなこの賞を目標に、切磋琢磨して己を高め合います。

永年勤続表彰

5年、10年、20年、30年、40年の節目の年に表彰があります。 武蔵野では福利厚生が充実していることや社員同士の仲が良いことなどから、早期退職が少なく、永年勤続する社員が多いのが自慢の一つです。

サンクスカード賞

笑顔がいい、挨拶がはきはきして気持ち良い、いつもデスクが整理整頓できている、困っていたら気付いて手伝ってくれた……など、相手の良いところや頑張りを見つけて褒める仕組みとして、「サンクスカード」を取り入れています。以前は手書きのメッセージカードを贈り合っていましたが、今はアプリを活用しています。 サンクスカード賞は、たくさんカードを受け取った人と、たくさんカードを送った人に贈られます。

サンクスカード賞
縁の下の力持ち賞

従業員の投票によって決まる賞。「この人、よく頑張っているな」「この人を見習いたい」と思う人に、1人1票で投票します。 日々の小さな努力や取り組みにもちゃんと光を当てることで、一人ひとりの存在を大切にすることができるのです。