武蔵野の社内イベント INTERNAL EVENTS

経営計画発表会

経営計画発表にあたって

第37期

大変厳しい年が続いています。私どもの基幹事業は最初の削減項目です。
だからいつも、しっかりとお客様の動向を早くキャッチしなくてはなりません。

 

JQAの活動を通して、このことを解決していきます。
既存事業と新規事業のシナジー効果を出し、よりお客様に喜ばれる会社にしていきます。
会社が社員に何かを与えるのでなく、個人個人が何が出来るか、皆んなで考える会社に。
社員は言われたことのみ行動し、評価につながることのみ関心を持ち、実行からお客様に喜ばれることは自から積極的に行動する仲間が多く育つ、企業文化を皆んなの手で汗を流して創ろう。
幹部は個人目標の追及も大切であるが、チーム全体(会社・事業部)のコミュニケーションを円滑にして、チームワークによる成果をあげることを重視する。

 

常務は社長が新規事業に大半の時間とエネルギーを投入しているので既存事業(ダストコントロール等)に関して、幹部・社員とのコミュニケーションが不足が ちとなり、社長の考え、思いを伝えられる事柄を充分にカバーしてください。
アセッサー(審査する人)が何人いても会社は良くならない。問題点、審査結果を生かして、プロセスを改善し、成果につなげる実行力です。
この経営計画書は社長の誤ちを正し、お互いの価値観を同じにし、数学による目標を基盤として、方針を明確にし、何をしてはいけないか。また、何をしなければならないかを、熱い願いを込めて計画を立て直したものです。
ここに書かれた目標、方針に対する利益責任は、全て方針を立てた社長一人にあります。したがって実行する主役である、社員一人一人に実施責任を持っていただきます。

 

ときめきと感動の青春企業の実現に向けて!
お客様からも社会からも喜ばれ、感謝され、愛される会社。社員の目には輝きがあり、仕事に対するやりがいと誇り、そしてメンバーと共にあげた成果を喜びあ うことができる会社。社員、お客様、社会が一体となって、夢とロマンと涙と感動を共有する会社。そして皆んなが人生の幸福を感謝することができる会社。

 

そのような武蔵野の実現を目指して、いっしょに頑張っていきましょう。

平成12年5月6日
代表取締役社長
小山昇

社内イベント一覧